FMUM用法マスターとは?

 2012年、日本薬剤師会及び日本病院薬剤師会、厚生労働省、有識者が集まり、4年あまりかけて作成された「標準用法マスター」が公開されました。しかしながら、朝食直前や昼食直前が存在していながら夕食直前が存在しない、レセプト電算コードとのリレーションがない、策定された標準用法用語のどこまでを用法とするかの定義詰めが不十分など、改善すべき課題は多く残っています。また、年1回程度更新の予定との事でしたが、2014年6月現在、前述(夕食直前が存在しない)のような重大な欠陥を持ちながらも公開後1度も更新されていない状況です。

 今後標準用法マスターは、より良くなってくれることを期待していますが、現状マスタとしてすぐに利用できる状態ではないため、独自の用法マスターを自作しました。FMUMコードを策定し、用法名称の最適化、テーブル正規化を行い、標準用法マスターの標準整理番号及び診療報酬支払基金レセプト電算用法コードを関連付けしています。

 FMUM用法マスターは現在4つのテーブルからなるマスターです。詳しくは仕様書や解説書を参照してください。また、商用・非商用問わず、フリーで利用可能です(著作権は放棄していません)。ただし無保証、無サポートです。了承いただける方のみ、ご利用ください。

更新履歴

2014.6.11 FMUM用法マスター公開しました。

最新版ダウンロード

CSVファイル、UTF-8エンコード

fmum_mst.csv

fmum_tyoclass.csv

fmum_ikaclass.csv

fmum_timeclass.csv

差分ダウンロード

CSVファイル、UTF-8エンコード

現在差分ファイルは存在しません。

仕様及び解説書、ER図

PDFファイル

fmum_spec.pdf

このサイトについて

 当サイトは個人運営サーバー上のコンテンツです。必要以上に負荷がかかる行為を行った場合、接続をブロックさせて頂く場合があります。

こちらのサイトもよろしくお願いします

Generence | 後発・薬価検索データベース